人間の成長に欠かせなかったマカ

私たち人間は、およそ2000gから4000g程度の新生児として産まれてきます。
その後、必要な栄養素を取り入れながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。
その成長過程でとても重要な働きをするのが成長ホルモンの存在です。

成長ホルモンには大きく分けて二つの働きがあります。
まず一つ目は身長や体型を大きくする働きです。
字の通り赤ちゃんから幼児へ、幼児から子供へ、思春期を経て大人へと成長していきます。
その過程で骨を伸ばしたり、筋力を発達させるなどの働きをしてくれます。

もう一つは、成長ホルモンが分泌されることで代謝能力が向上することです。
私たちの体は食べ物を摂取することで多くの栄養素を得ることができます。
食べ物を摂取することで発症する物質を、エネルギーに変えるために行うのが代謝です。
私たちの体動かすためには多くのエネルギーが必要になります。
そのエネルギーを成長ホルモンが作り出しています。

そんな成長ホルモンの分泌をより活発にしてくれるのがマカのサプリメントです。
成長ホルモンの分泌量を増やすためには、アミノ酸を吸収しなくてはいけません
マカには豊富なアミノ酸が含まれているため、成長ホルモンの分泌を促してくれます。

この成長ホルモンは思春期に最も活発に分泌されるという特徴があります。
それが30代から40代になると約50%も成長ホルモンが減少し、60代になると30%しか分泌されなくなります。
すると年齢を重ねるごとに、私たちの体を動かすためエネルギーが少なくなります。
これによって疲労感や脂肪を分解する力が弱まりコレステロールが蓄積して動脈硬化を生み出してしまいます。
また60代以上になると、心臓の機能の低下も進み、心筋梗塞や狭心症のリスクも高くなります。

このような病気を予防するためにもマカを摂取することで成長ホルモンの分泌量を高めなければいけません。
成長ホルモンは私たちの体の成長と健康維持には欠かせない働きをしてくれます。