兵士への褒賞だったマカの歴史

多くのサプリメントのなかで支持されているものの一つにマカがあります。
マカはペルーで栽培されている植物なのですが、ペルーではそのまま海外に輸出することが法律で禁じられているため、加工して輸出しています。
マカはペルーにて貴重な財産として使われています。

そんなマカが日本でサプリメントとして摂取されるようになったのは、ごく最近で2001年にテレビで取り上げられてから注目されるようになりました。
今では男性の精力向上の効果が注目され、一気に需要が高まりました。
今ではドラッグストアや通販、ネットなどでも簡単に購入 することができます。

そんなマカの歴史は古く、2000年前から栽培されていました。
インカ帝国では上流階級しか食べることが許されていませんでした。
しかし侵略を続けるインカ帝国にとって、兵士たちに十分な栄養素を与えなくてはいけません。
そこでアンデス山脈の植物の中で最も優れた栄養素としてマカを与えてきました。

常に与えるのではなく、勝利した兵士への褒美として活用されていたことが分かっています。
また負傷した兵士に対してもけがの回復力が上がるようにと、マカを与えていたことが分かっています。
天然の植物なので、摂取しても健康に害をあてることなく安心して摂取することができます。

インカ帝国の兵士の食生活は、野菜が中心だったため、最も栄養素が高いマカは兵士の活力となっていました。
なぜならマカには豊富なアミノ酸が含まれていて、食べ物でしか接種できない必須アミノ酸も豊富に含まれています。

アミノ酸の中でもアルギニン酸は、男性の性機能の向上に効果的だということが分かっています。
そのため子孫繁栄しやすく、インカ帝国の兵士は常に勢力を維持しながら侵略することができました。

また鉱山に含まれるミネラルを豊富に含んでいるため、鉄分やビタミン類も豊富です。
鉄分は血液を作り出し、ビタミンは免疫力を向上させる働きがあるため強い体を維持するためにも兵士には最高の食材だったといえます。