マカが育つ絶好の環境

今多くの健康食品が扱われるようになり、健康的な体を維持しやすい時代になりました。
毎日の生活の中で不足しがちな栄養素は、サプリメントで補うことができます。

私たちの日常生活では、仕事や家庭や人間関係などでストレスをため込みやすくなっています。
高カロリー高脂肪な食生活で、睡眠時間が確保できないような不規則な生活リズムの人も多いでしょう。
そのような生活習慣が続いてしまうと、生活習慣病になり、がんや心疾患、血管の病気などを生み出してしまいます。

健康的な体を維持するために効果的なものとしてマカのサプリメントが人気です。
インカ帝国のころから上級階級の人しか食べることが許されない植物でした。
当時野菜が中心の食生活の中で、豊富な栄養素が含まれていることから兵士の活力として与えらえていました。
疲労回復や傷の回復、精力向上による子孫繁栄など、昔から貴重価値が高いもとして扱われていました。

そんなマカに豊富な栄養素が含まれているのは、育っている環境と深い関係があります。
マカの主な原産地はペルーです
ペルーの中でも高度4000メートル以上のボンボン高原で栽培されたマカが最も豊富な栄養素を含んでいます。
それは日中はとても暑い日差しを浴びて、夜は極寒という過酷な環境にも関わらずたくましく育っているからです。
このような観光の中で育つためには、根を強く張り土に含まれている栄養素をしっかり吸収しなければ枯れてしまいます。
気温差30度以上ある環境の中でたくましく育つため、小ぶりでも豊富な栄養素を含んでいます。

またアンデス山脈の土は鉱山の成分が豊富に含まれています。
特に私たちの生活習慣の中で不足しがちなミネラル成分が豊富に含まれています
ミネラル成分の中でも鉄分や亜鉛が豊富に含まれていているのが特徴です。
鉄分は赤血球を作り出す働きがあり、貧血の予防に効果があります。
また亜鉛は生殖関係に影響力が高く、摂取すると精力アップの効果が期待できます。
このような厳しい環境と恵まれた土壌によって、より栄養素が優れたマカを得ることができます。